ガラス状炭素

実験室るつぼおよび医療用部品に適したグラッシーカーボン材

グラファイトおよび複合物に加え、Mersen社ではグラッシーカーボンまたはガラス状炭素と呼ばれる極めて優れた特性を有する他の材料も製造しています。

ガラス状炭素は、入念に制御して樹脂の炭化を行うことで実現します。

ガラスのように、結晶組織のない純炭素固体へと変化します。このプロセスは、寸法が限定された成型部品の生産に使用されます。

ガラス状炭素は、極めて優れた特性を示します:

  • ガラスとは異なる、極めて優れた漏れ抵抗
  • 化学薬品に対する他に類を見ない耐性
  • 空気中では最高600℃まで耐酸化性あり
  • 生態的合成のある材料

実験室部品および医療用部品

本材は、過酷な温度条件下で複数の化学薬品に耐えることを求められる実験室機器および測定機器の製造に用いられます。

また、本材は、医用生体工学分野で用いられる複合材(ペースメーカーの電極、等)の作成にも用いることができます。

AM - メルセン・エフエムエー株式会社

本社

〒163-0706
東京都新宿区西新宿2-7-1
小田急第一生命ビル6階

T: (TEL) 03-5325-6311

F: (FAX) 03-5325-6758

Vitreous carbon

02/07/2017 - 1.55 MB

ダウンロードセンター