• 電気的保護および制御 Mersen 電気的保護および制御 電気的保護および制御 Mersen 電気的保護および制御
  • 電力管理ソリューション 電力管理ソリューション 電力管理ソリューション 電力管理ソリューション
  • 耐食機器 耐食機器 耐食機器 耐食機器
  • グラファイト製特殊品 mersen グラファイト製特殊品 グラファイト製特殊品 mersen グラファイト製特殊品
  • 電気用途事業部 電気用途事業部 電気用途事業部 電気用途事業部

電気的保護および制御

電気的保護および制御

当社の製品は、産業用および商業用電気機器の損傷を防止し、途切れることのない電力供給を確保し、電気回路網を安定化させる支援を行います。

この機能は、産業用ヒューズおよび関連するすべてのアクセサリ(短絡防止)、ならびにサージ保護デバイス(電力サージによる損傷の保護)によって実現します。

電力管理ソリューション

電力管理ソリューション

Mersen社は、電力変換システムの動作を最適化し安全性と信頼性を向上させるために用いられる周辺(受動)製品をご提供します。

耐食機器

耐食機器

Mersen社は、化学機器の設計および製造を行っています。

グラファイトや炭化ケイ素、タンタル、ジルコニウム、PTFEまたはPFAといった腐食に耐性を有する材料に関するMersen社の技術。

グラファイト製特殊品

グラファイト製特殊品

高温作業の目的は、高温、腐食性、および機械的摩耗環境におけるお客様のための革新的技術ソリューションにあります。

電気用途事業部

電気用途事業部

産業用電動モーター用ブラシおよびブラシホルダーで世界第1位を獲得

Mersen社は、モーターおよび発電機用途に対し下記の最適な技術ソリューションをご提供します。

ニュース See all

11月 16, 2018
【産業用途に最適なMersen(メルセン)社のカーボンブラシ】 メルセン社は、カーボンブラシ製品の製造/販売において、長い歴史と豊富な実績を持っています。 グローバル実績はもとより、国内においても【発電(火力)(水力)(風力)】【鉄道】を中心とした主要インフラ設備に広くご採用頂いています。【製鉄】【セメント】【製紙】【電線】等のプロセス産業においても、上工程から下工程まで幅広いラインナップをご用意しています。 国内においては、AC電源化が加速したことにより需要が減少傾向にあるカーボンブラシですが、世界63カ国に拠点を持つMersern(メルセン)社ならではの研究開発力に支えられた最適なグレードの提案が可能です。 「少量、特殊仕様で最適価格での入手が困難になった。」「既存の供給メーカー製品の同等品を入手したい。」などお困りのお客様は、是非メルセン・エフエムエー㈱までご連絡下さい。 [...]
7月 08, 2019
Mersen社では新たにHP15FHMシリーズ 1500VDC PVヒューズホルダーを開発しました。 従来型は交換する際に脱落することがありました。この点を改良し、着脱を容易にしている点が特徴です。 着脱イメージについては、下記動画(約40秒)をご覧下さい。製品詳細についてはEP部門にお問合せ下さい。 E-mailによるお問合せ: sales.ep.jpn@mersen.com 電話によるお問合せ: 03-5325-6811
[...]
4月 03, 2019
最先端を行く望遠鏡技術に貢献するMersen社の技術 (2019年3月11日 パリ、フランス プレスリリース) 電気機器とアドバンストマテリアルのグローバルエキスパートであるMersen社(ユーロネクスト:FR0000039620-MRNにて登録)は、ESO(ヨーロッパ南天天文台)が運営するELT(欧州超大型望遠鏡)プロジェクトへ参加する意向を表明した。次世代型大型望遠鏡の5番目にして最終となるミラーの完成に貢献する格好となる。 Mersen社は以前、イタリアのコンソーシアムAdOpticaによる4番目のミラー用の参照構造の構築タスクに従事した経験がある。今回、プロジェクトを担当するSafran Reosc社がシリコンカーバイド(SiC)ソリューションにMersen社を選定した。 Mersenグループの子会社にあたるMersen Boostec社がSafran Reosc社の仕様に合った軽量ミラーブランクをシリコンカーバイドから製造する予定である。シリコンカーバイドは、軽量、堅牢且つ温度変動から受ける影響が非常に小さい安定したセラミクスである。また、その無比の熱弾性安定性から光学機器として人気の高い素材である。 Mersern Boostec社は、シリコンカーバイドのエキスパートとして知られており、既に軌道上にある19基を超える全シリコンカーバイド製望遠鏡に採用されている。これらの実績がまさにその専門性を示している。 Mersen社は過去20年に渡り、欧州の名門ESA(欧州宇宙機関)が運営するロゼッタ探査、ハーシェル宇宙望遠鏡、ガイアなど各種プロジェクトにおいて宇宙に貢献してきた。そして間もなくNASAのJWST(ジェイムズ・ウエッブ宇宙望遠鏡)ミッションに参画することになるだろう。このELT(欧州超大型望遠鏡)プロジェクトはMersenグループにとって地上で参画する宇宙プロジェクトである。 ELTについて ELTとは主要ミラーの直径が39mの超大型望遠鏡である。これにより、天文学(銀河考古学、太陽系外惑星の発見や分類など)の大幅な進歩が期待できる。 Safran Reosc社について Safran Reosc社は、民生用途、軍事用途の両分野における航空宇宙、高性能レーザー、半導体産業といったハイテク分野において高性能な光学設計、製造、インテグレーションを手掛けるSafran Electronics and Defense社の子会社である。 [...]
3月 18, 2019
「SiC半導体によるイノベーション」 発電した全電力の約30%は、送電、変電、配電および変換によって失われます。 世界中で、よりエネルギー効率のよい電力変換ソリューションが求められています。 Mersen社は、そのニーズにおいて鍵となる役割を担っています。 SiC(炭化ケイ素)半導体を使用することで、エネルギー消費が削減でき、エネルギー損失が少なくなり、エネルギー効率が上がります。 電力変換器は実際に何を行うのでしょうか?電気自動車を例に挙げてみます。 電力変換器はエネルギー効率を上げるために、電圧や周波数を変換します。 最適な性能を引き出すためには、エンジンに必要な分の動力を供給する必要があります。 また、純粋な三相交流電力を発生させなければなりません。 パワー半導体は、直流電圧をON/OFFするように設計されています。 チョッピング周波数が高いほど、より純粋な正弦波となり、エネルギー損失が少なくなります。 最近まで、Si(シリコン)は半導体の製造に使用されていました。 SiC(炭化ケイ素)は、はるかに効率的です。 Si 製の耐熱温度は120℃程度です。一方SiC製の耐熱温度は250℃程度で、大きさは2分の1程度になります。 その結果、例えば変圧器等の機器は従来の半分のサイズにすることができるかもしれません。 半導体の基本材料はウェハです。そのサイズが重要です。 1990年:1インチ 2000年:2インチから3インチへ 2008-2009年:3インチから4インチへ [...]
7月 25, 2018
チタン製熱交換器の紹介 長さ15メートル、直径2メートルのチタン製熱交換器が、Mersen社の中国拠点である賢達(xianda)工場でこの程製造されました。 この大容量の熱交換器は、世界的に有名な大手化学製品会社に納入予定です。同社の欧州拠点のソーダ灰生産用プロセスの一環として設置されることになります。 Mersen社賢達工場では、ニッケル合金、チタン、ジルコニウムを素材とした熱交換器、カラム、圧力容器、反応器なども製造しています。 製品についての詳細なご質問、御見積依頼、営業技術者の訪問をご希望される方はMersen社日本法人メルセン・エフエムエー㈱までお気軽にお問合せ下さい。 [...]