イベント

フィルタ
Japan only
8月 19, 2019
Mersen社が出展する秋の展示会第二弾のお知らせです。 1つ目は、『SPI&ESI(Solar Power International)』です。9/23~9/26にアメリカのSalt Lake City(ソルトレイクシティー)で開催される北米最大の太陽光発電展です。DCヒューズを基調とした過電流保護ソリューションを4346番ブースにてご紹介します。 2つ目は、『The Battery Show』です。9/10~9/12にアメリカのNovi(ノバイ)で毎年開催される蓄電技術展です。主に、EV/HEV車を対象とした冷却技術、ブスバー、DC過電流保護機器を展示します。2341番ブースに出展しておりますので是非お立ち寄り下さい。 Link: https://thebatteryshow.com/ [...]
8月 14, 2019
Mersen社は今秋3つの展示会に出展します。 第一弾は、『Windmesse Husum』です。9/10~9/13にドイツのフースム(Husum)で開催される風力展です。 スリップリングを基調にしたトータルソリューションをご紹介します。2E39番ブースに出展予定です。 第二弾は、『Expo Ferroviaria 2019』です。10/1~10/3にかけて、イタリアのミラノで開催される鉄道展です。 カーボンブラシ(モーター用/接地用途とも)を中心に出展します。F142番ブースで展示予定です。 第三弾は、『China Wind Power』です。10/24~24に、中国の北京で開催される風力展です。 安全で持続可能なスリップリングソリューションをご紹介します。 [...]
7月 08, 2019
Mersen社では新たにHP15FHMシリーズ 1500VDC PVヒューズホルダーを開発しました。 従来型は交換する際に脱落することがありました。この点を改良し、着脱を容易にしている点が特徴です。 着脱イメージについては、下記動画(約40秒)をご覧下さい。製品詳細についてはEP部門にお問合せ下さい。 E-mailによるお問合せ: sales.ep.jpn@mersen.com 電話によるお問合せ: 03-5325-6811 [...]
4月 03, 2019
最先端を行く望遠鏡技術に貢献する Mersen 社の技術 ( 2019 年 3 月 11 日 パリ、フランス プレスリリース) 電気機器とアドバンストマテリアルのグローバルエキスパートである Mersen 社(ユーロネクスト: FR0000039620-MRN にて登録)は、 ESO (ヨーロッパ南天天文台)が運営する ELT (欧州超大型望遠鏡)プロジェクトへ参加する意向を表明した。次世代型大型望遠鏡の 5 番目にして最終となるミラーの完成に貢献する格好となる。 Mersen 社は以前、イタリアのコンソーシアム AdOptica による 4 番目のミラー用の参照構造の構築タスクに従事した経験がある。今回、プロジェクトを担当する Safran Reosc 社がシリコンカーバイド( SiC )ソリューションに Mersen 社を選定した。 Mersen グループの子会社にあたる Mersen Boostec 社が Safran [...]
3月 18, 2019
「 SiC 半導体によるイノベーション」 発電した全電力の 約30 %は、送電、変電、配電および変換によって失われます。 世界中で、よりエネルギー効率のよい電力変換ソリューションが求められています。 Mersen 社は、そのニーズにおいて鍵となる役割を担っています。 SiC (炭化ケイ素)半導体を使用することで、エネルギー消費が削減でき、エネルギー損失が少なくなり、エネルギー効率が上がります。 電力変換器は実際に何を行うのでしょうか? 電気自動車を例に挙げてみます。 電力変換器はエネルギー効率を上げるために、電圧や周波数を変換します。 最適な性能を引き出すためには、エンジンに必要な分の動力を供給する必要があります。 また、純粋な三相交流電力を発生させなければなりません。 パワー半導体は、直流電圧をON/OFFするように設計されています。 チョッピング周波数が高いほど、より 純粋な正弦波となり、エネルギー損失が少なくなります。 最近まで、 Si( シリコン ) は半導体の製造に使用されていました。 SiC (炭化ケイ素)は、はるかに効率的です。 Si 製の耐熱温度は120 ℃程度です。一方 SiC製の耐熱温度 は 250 ℃程度で、大きさは 2 分の 1程度になります。 その結果、例えば変圧器等の機器は従来の半分 のサイズにすることができるかもしれません。 半導体の基本材料はウェハです。 そのサイズが重要です。 [...]
2月 08, 2019
MERSEN社は産業界の未来の発展のために最適な技術を開発します。 また、企業活動を通じて株主の皆様、従業員、お客様及びパートナーの皆様の価値を創造します。 弊社に関するより詳しい情報(会社概要/製品ラインナップ等)をお知りになりたい方は、サイト内の各ページをご参照下さい。 [...]
11月 28, 2018
【メルセン・エフエムエー㈱ 夏期休業日について】 2019年、メルセン・エフエムエー㈱の休業日は8/16(金)を予定しております。 会社創立記念日による休業となります。 [...]
11月 16, 2018
【産業用途に最適なMersen(メルセン)社のカーボンブラシ】 メルセン社は、カーボンブラシ製品の製造/販売において、長い歴史と豊富な実績を持っています。 グローバル実績はもとより、国内においても【発電( 火力 )( 水力 )( 風力 )】【 鉄道 】を中心とした主要インフラ設備に広くご採用頂いています。【 製鉄 】【 セメント 】【 製紙 】【 電線 】等のプロセス産業においても、上工程から下工程まで幅広いラインナップをご用意しています。 【水力発電/火力発電/風力発電向けカーボンブラシ】 国内においては、AC電源化が加速したことにより需要が減少傾向にあるカーボンブラシですが、世界63カ国に拠点を持つMersern(メルセン)社ならではの研究開発力に支えられた最適なグレードの提案が可能です。 【鉄道/鉱業/製鉄向けカーボンブラシ】 「少量、特殊仕様で最適価格での入手が困難になった。」「既存の供給メーカー製品の同等品を入手したい。」などお困りのお客様は、是非 メルセン・エフエムエー㈱ までご連絡下さい。 [...]
11月 08, 2018
【Mersen社の革新的技術力を駆使し多様な要求仕様に対応】 Mersen社はこのほど、Grasim Industries社、GNAL社、GACL社などのインドにおける先進企業各社と塩化水素(HCl)発生装置の複数契約に成功しました。契約総額は数百万ユーロ(日本円で数億円相当)となります。GACL社は、インド国内で急成長しているビスコース繊維/特殊ガス市場で製造工場を運営しています。同製造プロセスにおいて、HCl製造は非常に重要な役割を果たします。 Mersen社の開発したHCl発生装置最新シリーズは、 ‘Sintaclor ® Eco & Flex’ の名称でリリースしています。従来装置との比較で、水使用量を大幅に削減し、且つ高圧スチームの発生を実現しました。まさに地球にやさしいEcoソリューション技術といえます。設計はフランスのPagny(パニー)工場が実施、設置はインドのチームが担当する予定です。Mersen社フランス/インドチームの協業案件となる記念すべきプロジェクトは2019年中に完成予定です。(2018年11月7日Mersen社フランス本社リリース:要約) インドにおける納入実績:最新型塩化水素(HCI)発生装置 製品/仕様等について不明点およびご質問等ございましたら、お気軽に メルセン・エフエムエー㈱ までお問合せ下さい。 [...]
11月 07, 2018
Mersen社 2018年度の概況報告 がダウンロード頂けます。 Mersen社2018年度概況 - 売上: 約8.1億€ (日本円換算:1053億円 ※ レート 1€=130円にて) - 従業員数: 約6,500名 - 拠点数: 35ヶ国 となっております。 世界35ヶ国を拠点に、売上金額、従業員数ともに増加し堅調にビジネスを拡大しております。 次年度も更なる成長を目指して企業努力を継続致します。変わらぬご支援をお願い申し上げます。 『2018 Corporate Brochure』の掲載事項等へのご質問、及びご意見等ございましたら お気軽に お問合せ下さい。 [...]