炭化ケイ素製シェル&チューブ熱交換器

SiC シェル&チューブ熱交換器

CORRESIC®炭化ケイ素製シェル&チューブ式熱交換器は、腐食性の高い化学物質の冷却、凝縮、加熱、蒸発、吸収に適応します。

コンセプト

炭化ケイ素製シェル&チューブ式熱交換器は、シェルの中に炭化ケイ素製のチューブのバンドルの中にあります。ある流体がチューブの中を流れ、別の流体がチューブの上(シェルの中)を流れます。熱は、流体が直接接触することなく、炭化ケイ素チューブの壁を介して伝達されます。

CORRESIC®炭化ケイ素製シェル&チューブ熱交換器の特徴

  • 耐腐食性に優れた炭化ケイ素(SiC)チューブ
  • PFAライニングチューブシート
  • FFKMFKMOリングガスケットによる独自のシーリングシステム
  • 設計圧力:-1気圧(完全真空)~10バール以上
  • 設計温度:-30220℃(-22428℉)以上
  • 伝熱面積:0.442m24452ft2
  • チューブ数、サイズ、長さ、両サイドのパス数を調整可能
  • シェル直径:100400mm
  • 14mm19mm25mm Øチューブ
  • 1,0004,500mmのロングチューブ
  • プロセス側シェル/ヘッダーには、ガラスライニングされたスチール、PTFEライニングされたスチール、ガラスを使用
  • 炭素鋼、ステンレス鋼、ガラスライニング鋼、PTFEライニング鋼、またはサービス側シェルやヘッダーのガラス
  • 安全性・信頼性の高い独自のトリプルチューブシート/ダブルシールシステム 

オプション

  • サイトグラス
  • 所定場所での洗浄
  • 性能向上のためのツイストテープ

CORRESIC® 炭化ケイ素製シェル&チューブ熱交換器の利点

  • 酸、アルカリ、酸化性媒体に対する高い耐腐食性
  • チューブ内外の超腐食性媒体
  • 両面に超腐食性媒体を持つことが可能
  • 高レベルの乱流を保証する両サイドの調整可能な断面により、優れた熱伝達性能を実現
  • 高い操作安全性
  • 機器自体の信頼性が高いことから、保有/保守コストを低減
  • 高重度の炭化ケイ素
  • シェル/ヘッダーに使用される材料種類が豊富
  • コンパクトで堅牢な設計
  • 短納期
  • 長寿命

CORRESIC®炭化ケイ素製シェルチューブ熱交換器の用途

  • 多目的ユニットにおける超腐食性・酸化性蒸気の凝縮
  • 超腐食性・酸化性液体の冷却・加熱
  • 多目的および単目的ユニットに最適