炭化ケイ素プレート式熱交換器

SiC プレート式熱交換器

CORRESIC®炭化ケイ素プレート式熱交換器は、腐食性や酸化性の高い化学物質の加熱・冷却に適しています。炭化ケイ素熱交換器の中で最もコンパクトで最も効率の良いタイプです。

コンセプト

当社のCORRESIC炭化ケイ素プレート式熱交換器®は、非常に大きな表面積と小さな流体通路を持つ多数の薄く、僅かに分離した炭化ケイ素プレートで構成されており、熱伝達を行います。炭化ケイ素の板材を介して熱が伝導します。 

プレート式交換機は、対向流を利用しているため、温度差が少なく、急速な温度変化により高い効率を実現します。

CORRESIC® 炭化ケイ素プレート式熱交換器の特徴

  • モジュラー設計:プレート数、プレートサイズ、パス数調整が可能
  • 異なるプレートサイズ:260mm500mm580mm
  • PTFEライニングのスチール製ノズル
  • ヘリコイドスプリングで熱膨張を補正
  • 設計圧力:-1(完全真空)~16バール(240psi
  • 設計温度:-30℃~200℃(-22392℉)以上
  • 伝熱面積:0.57.1m25.475ft2
  • ノズルサイズ:DN25 / DN50 / DN80 PN16

CORRESIC® 炭化ケイ素プレート式熱交換器の利点

  • 酸、塩基、酸化性の媒体に対する優れた耐腐食性
  • 両面の断面調整により、優れた熱伝達性能を実現
  • 容易に分解可能
  • 必要に応じて各プレートを機械的に洗浄可能
  • 地上で2番目に硬い素材であるため、浸食の心配なし
  • 高い操作安全性
  • 極めてコンパクトで頑丈なモジュラー設計
  • 短納期
  • 長寿命

CORRESIC® 炭化ケイ素プレート式熱交換器の用途

  • 超腐食性・酸化性化学物質や超高純度化学物質の冷却・加熱
  • 超腐食性・酸化性の化学物質や超高純度の化学物質の間での熱回収