ポリチューブグラファイト製シェル&チューブ熱交換器

ポリチューブ シェル&チューブ 熱交換器

ポリチューブグラファイト製シェル&チューブ熱交換器は、超腐食性化学物質の加熱、冷却、凝縮、蒸発、大流量の吸収に適しています。

汎用性が高く、幅広い用途に使用可能

Graphilor®3グラファイトチューブは、押出成形/焼結後、フェノール樹脂を十分に含浸させています。グラファイトチューブシートは、グラファイトのブロック材から製造されます。このチューブをグラファイトチューブシートに固着させチューブバンドルを作り、シェルに挿入します。熱伝達は、プロセス側とサービス側の間のグラファイトチューブの壁を介した熱伝導によって行われます。

Polytubeの特徴

  • 最大1,850m2の伝熱面積
  • チューブシートの直径は最大2,100mmまで
  • 設計圧力:プロセス側で最大7バール、サービス側で最大11バール
  • 最大220℃までの設計温度
  • 1:1の代替:他のオリジナル機器メーカーの熱交換器と同じフットプリント

Polytubeの利点

  • 50年の経験を持つ世界No.1のグラファイトチューブメーカー
  • 広い伝熱面積
  • 業界最長のモノリス型グラファイトチューブ
  • 優れた熱伝導性
  • TÜV SUDが認定する優れた機械的強度
  • 独自の6メートルのジョイントレスグラファイトチューブ
  • 浸食に対する保護

グラファイト製シェル&チューブ熱交換器向け用途

  • 冷却、加熱、凝縮、蒸発(落下膜、熱サイフォン)と超腐食性流体の吸収
  • 重化学:リン酸、二酸化チタン、湿式製錬、塩化ビニルモノマー、エピクロルヒドリン、プラスチック、ビスコース、アラミド繊維等
  • ファインケミストリー、スペシャリティケミストリー、ファーマシー:活性医薬品原料、作物保護、ヒュームドシリカ、シリコン、香料、ビタミン等