焼結

Mersen社には、種々の焼結プロセスにおける豊富な技術経験があります。


焼結は、熱および(または)圧力の作用を用いてセラミック粉末または金属粉末から物体を製造する際に用いられるプロセスです。

現在の産業では、ハイテクセラミックおよび粉末冶金の新たな用途が多数見出されています。
 

sintering Mersen

焼結プロセス

  • ダイヤモンド工具(のこ部、ドリルビット)、セラミック装甲板を製造するための高圧焼結
  •  SiCディーゼル微粒子フィルタの焼結
  •  新しい放電プラズマ焼結技術


多くの用途では、高温高圧の厳しいプロセス条件に耐えるために、当社の適したグラファイト耐火性工具を使用することが求められます。